ホーム > 趣味 > 株の新米から投資資金はいくらぐらいでスタートで

株の新米から投資資金はいくらぐらいでスタートで

株の新米から投資資金はいくらぐらいでスタートできるのかと聞かれれば、私は最低限100万円程度は準備しないと、株式投資を開始することは厳しいと思います。どうしてかというと、これくらいのキャピタルがあれば上場されている多数の銘柄の中からお気に入りの投資先をチョイスすることができるからです。株投資で失敗しない方法いう本や記事をよく目にします。ですが、100パーセント失敗しないことはありません。



とはいえ、きちんと勉強して、ルールを考えて投資すれば、成功することもあるのが株というものです。失敗を恐がったり、一度の失敗で諦めずに学んだところに、株の楽しさが待っていると思います。



信用取引というのは、現物株や現金を担保にして資金以上の取引が可能なことと、空売りが可能なことが大きな特徴なのです。特に空売りは下落相場だと大きい力を発揮し、うまく利用することで相場が上げ方向でも下げ方向でも稼ぐことができる武器となります。


ただし、資金以上の取引は借金と同じなので、初心者の場合は資金管理を慎重にすることが重要です。
投資のビギナーが株を始めたいと思いついたときは、なるべく安全な資産管理の方法を検討する必要があります。いきなり個別株を取引するよりも、最初は投資信託などから運用を開始してみるのがよいかもしれません。

そのようにして、多少はコツをつかんできてから実際に株式投資をスタートするとよいでしょう。



株式について書かれた本を何冊も読んで勉強した上で、株式投資の初心者が投資をする場合、スイングトレードと命名された投資法をチョイスする人も大勢いるでしょう。

スイングトレードはうまく取引できれば大きく儲けることができるので、非常に人気がある投資方法です。
言うまでもないことですが、いつでも儲かるわけではありませんから、赤字になってしまう場合もあります。株の購入において、時間が確保できるのは肝心な要素です。日本最大の市場である東京証券取引所が開いている時間は開始は午前9時、終了は午後3時までですので、より良い値段で株を売り買いするためにはこの時間に時間を取れることが好ましいのです。

この点、主婦の方というのは、初心者であっても好都合な立場で、株への出資が可能だと言えるでしょう。

株の投資を行う際には、一定数量必要な株式ではなく、ミニ株式を購入する方法もあるでしょう。



単元株では、投資金額が高すぎて買うことができない株式を買いたい時には、ミニ株でわずかずつ買い取ることによって、一度に大きな金額を用意しなくてもほしい銘柄を買い取ることができます。


自分は最近株を始めたばかりの初心者で、株初心者の本を買って、熟読しています。


参考になる本もあれば、「ん?こっちの本と書いてあることが違うな?」と少し疑いを持つ本も読みましたが、良い所も駄目な所も全て学んでいきたいです。ご存じかと思いますが、株取引には現物取引や信用取引があります。
やはり初心者にはリスクの高い信用取引はおすすめしません。今手持ちの資金内で投資できる現物取引をぜひおすすめします。


入金した以上に損する可能性がないんですから。



また、株主優待を目的として長期投資するのも一つの投資方法と言えます。株式投資のビギナーにとってはよく分からないことだらけと考えられるのではないでしょうか。


どのような証券会社を使って株式投資を開始すればいいのかなど、悩んでしまうことが多いです。

誰しもが利益を得たいと思って株投資を開始するわけですが、通算で利益を出せる人はほとんどいないでしょう。

プレシャス デュオ

関連記事

  1. 中古車を購入する際に気になってしまう

    中古車を購入する際に気になってしまうのは、年式についてもそうですが、走行距離だと...

  2. 株の新米から投資資金はいくらぐらいでスタートで

    株の新米から投資資金はいくらぐらいでスタートできるのかと聞かれれば、私は最低限1...